交換する時計のベルトが売っているところ

腕時計のベルトはさまざまな素材のものがあります。素材によってメリットやデメリットがあるため、しっかり比較して選んでいくと良いでしょう。好みに合わせて選ぶこともできますし、季節ごとに付け替えるというのもおすすめです。また、使用するシーンに合わせて本体ごと使い分けても良いでしょう。ちなみに、製品によってバンドの幅は異なっており、男性用なら18mm~20mmが多くなっています。女性用の場合は15mm以下となっており、自身の腕の太さを測っておくと良いでしょう。バンド交換は自宅で行うこともできますが、専門のショップで依頼した方が簡単です。腕時計のベルトの中で最も見栄えの良いものが革バンドであり、軽くて丈夫という特徴があります。色や革の種類もいろいろありますし、高級感があることもポイントです。

革や金属の特徴について知っておく

革バンドにはさまざまなメリットがありますが、汗や水分を吸収しやすいので注意しましょう。きちんとケアしないと汗の臭いが染み付いてしまうこともありますし、場合によってはカビが生えてしまうこともあるのです。また経年劣化で千切れてしまうこともあるため、定期的なメンテナンスや交換が必要となります。高価な革バンドだとツヤや光沢が安物とは全く違います。高級感を演出したい人におすすめなのですが、予算と好みで選んでいくと良いでしょう。腕時計に使われている金属バンドはステンレス製がほとんどです。ステンレスバンドは光沢があることや上部であること、熱や水にも強いなどのメリットがあります。10年以上使えることもありますし、錆びにくいので高温多湿な日本の環境に最適です。

ステンレスは重いので注意しましょう

ステンレスバンドは長く使えるベルトとして人気なのですが、重いというデメリットもあります。中には中を空洞にして軽くしているものなどもあるということです。そのようなものはあまり手が疲れないのですが、質感が劣ってしまうこともあるでしょう。逆にステンレスの重さが良いという人もいますし、大事なものを身に着けていることが実感できます。ステンレスバンドの製品は重さが気になってしまうこともあるため、実店舗で実物をチェックしてみると良いでしょう。試しにつけてみて重さを確認してから購入すれば安心です。重さの感じ方には個人差もありますが、だいたい腕時計は120gを超えるあと重く感じます。軽いものほど快適に身に着けることができるでしょう。また、ステンレスは金属アレルギーの人には合わないため、金属アレルギーの人はチタン合金が良いかもしれません。